更年期女性のお肌の変化!更年期の肌ケア、閉経前後の肌ケア方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期と呼ばれる40歳半ばから50歳半ばまでの約10年間、特に閉経前後の10年間は、女性にとって最もお肌が変化する時期です。

最近では、30歳後半ぐらいからでも更年期障害に近い症状が現れているとも言われています。

肌のつややハリは女性を美しく見せてくれます。

しかし、肌ケアをしていなければその美しさも失われ、年齢の割には老けて見られたりする可能性があります。

そこで、閉経前後のお肌の変化についてここでしっかり理解して、美しい肌を維持するように心がけましょう。

スポンサーリンク

40代女性・50代女性のお肌の変化と肌ケア

更年期,肌ケア

✔ 30歳後半から更年期障害に似た症状が出てきてしまうのはなぜですか?

⇒ 原因としては、やはりストレスや不規則な生活、それと無理なダイエットの繰り返しが関係してきています。

✔ 女性ホルモンとお肌の変化とはどのような関係があるのですか?

⇒ 女性ホルモンは、35歳ぐらいから徐々に減少しはじめます。この頃から肌のハリやつやが失われてきはじめ、この時期から肌が乾燥しないように肌ケアの際、保湿効果を高める化粧品などを使うようにして行くことが大切です。

つまり、女性ホルモンが減少して行くにつれて、肌に潤い成分がなくなり、弾力性もなくなってくると言うわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい