四十肩・五十肩の痛みの原因は?四十肩・五十肩の予防や痛みの治し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「腕が上がらない」「肩が痛い」などの症状が出て、日常生活にも影響を与えてしまう四十肩・五十肩。40歳を過ぎた頃から始まり、60歳を過ぎる頃にピークを迎えて、その後は徐々に治まっていくという経過を辿るパターンが多いです。

女性の40代、50代といえば、子育ては一段落しているものの、今度は親の介護が始まる時期。

近頃では仕事を持つ女性も増えているので、肩の痛みを抱えながらあちこち走り回るのは本当に辛いことです。どうすれば、少しでも痛みを和らげることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

四十肩・五十肩の原因

四十肩.五十肩,原因

40代、50代、60代になると肩に不調が出てくることも増えてきます。

四十肩や五十肩は「肩関節周囲炎」とも呼ばれ、その名のとおり肩関節の周囲に炎症が起きることで痛みを感じる疾患です。

しかし、なぜこの部分に炎症が起きるのかについてはまだ明らかになっていません。

一説では「血行の悪さから来るのではないか」「年齢を重ねることによって、肩周辺の組織になんらかの変化が起きるのではないか」などと言われていますが、おそらくこれらの原因も全く無関係ではないと思われます。

四十肩・五十肩になりやすい人とは?

四十肩,五十肩,20代,30代

四十肩・五十肩は誰にでも起こり得る可能性があり、特に「こういう人がなりやすい」ということはありません。

ただ、長時間パソコンを使う人や、長く激しいスポーツをしてきた人は、いったん症状が出始めると長引く傾向があるので注意してください。

また、このような特徴を持つ人は、20代・30代でも肩の痛みが起きる可能性があります。

四十肩・五十肩を和らげる方法

四十肩,五十肩,体操

肩が痛む時は、患部をカイロや蒸しタオルなどで温めて血行を促してみましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、シャワーでじっくり温めてあげたりするのも効果的です。

どうしても痛みが我慢できない時は鎮痛剤を飲む方法もありますが、鎮痛剤はずっと同じものを飲んでいると体が慣れて効かなくなるし、血管を収縮させる作用があるので体が冷えてしまいます。

できるだけ薬に頼らないほうが良いので、次のようなストレッチもぜひ試してみてください。

バンザイ体操

両足を肩幅に開いて立ち、両手をいっぱいまで上に上げて「バンザイ」の姿勢をとります。数秒間キープして体が気持ちいいと感じたら、ゆっくりと呼吸をしながら徐々に腕を下ろしていきましょう。

肘上げ

肩に手がつくように肘を曲げ、もう片方の手で重みを支えます。手のひらが肩に触れる状態を15秒間キープしたら姿勢を元に戻しましょう。これを左右それぞれ5回ずつ繰り返してください。

どうしても治らない場合の手術療法

四十肩,五十肩,治し方

四十肩や五十肩は、早い人であれば半年~1年ほどで症状が落ち着きます。なかなか良くならない場合でも、定期的に病院に通って治療を受けていれば小康状態を保つことはできるでしょう。

しかし、稀にどんな治療法を試しても症状が改善されず、痛みの強い状態がずっと続く人もいます。そのような場合は手術で痛みを取り除くケースもあるので、主な方法について知っておいてください。

麻酔下徒手術授動術

全身麻酔をかけて患者を眠らせ、肩関節を人為的に伸ばして硬くなった関節包を切り離す手術。やり方が悪いと脱臼が起きたり、関節包が破れて出血したりする可能性があるので、経験と実績の豊富な医師を選ぶようにしましょう。

関節鏡視下関節包切離術

一般的に、徒手的授動術と併用されることが多い手術。直径4mmほど皮膚を切開し、そこから関節鏡を挿入します。モニターでチェックしながら電気メスで関節包の癒着部分を切り離し、可動域を広げることで肩の動きを良くします。

手術後に欠かせないリハビリ

どちらの手術を受けた場合でも、術後のリハビリは非常に重要です。平均で6週間~3ヶ月ほど時間がかかるので根気が必要ですが、せっかく手術に耐えて動かしやすくなった肩を元の状態に戻さないため、できるだけ頑張って受けてください。

四十肩・五十肩の発症を防ぐために

四十肩・五十肩を防ぐには、ずっと同じ姿勢を続けないことと、適度な運動をすることが大切です。デスクワークの人は、時々机から離れて軽いストレッチで体を伸ばしましょう。

血行を良くするためには、1日30分程度のウォーキングやジョギングをすると効果的です。

「帰宅が遅くて外で運動するのは無理」という場合は、室内でエアロバイクを漕いだり、エアなわとびをしたりするのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい