メイク・化粧崩れを防止!一手間加える事で50代の肌も1日中綺麗に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧崩れを防止するためには、フェイスパウダーや日頃のスキンケアが大事になって来ます。

特に50代は肌が乾燥していて、ちょっとの事で崩れてしまいますから、メイクをする時に一手間加えてあげましょう。

そうする事で仕上がり具合も良くなりますよ。

スポンサーリンク

そもそも化粧崩れの原因は何?

まず肌に必要以上の皮脂がある時はメイクと混ざってしまいます。

50代以上になると肌が乾燥してしまい、余計な皮脂が分泌されたり、分泌されなかったとしても乾燥で肌に密着力が無いがためにメイクが落ちやすくなります。

どちらに転んでも乾燥は肌の大敵になりますので、肌を保湿して、潤いのある状態にしておかなければならないのです。

化粧崩れを防ぐためのメイクの時の一手間

化粧やスキンケアをする時に一手間を加えるだけで大きく結果が違って来ます。

どのような事をしないといけないのか言いますと、毛穴が開いていると崩れやすいので、メイク前に冷やしたタオルを当て、毛穴を引き締めたり、濃い場所をティッシュオフしたり、逆に気になる場所を保湿ケアしたり、収れん化粧水で仕上げたりして下さい。

また洗顔等のスキンケアした直後に化粧をせずに、時間を置いてから始めるのも良いかもしれません。