50代女性の更年期症状!50代女性が悩む50代の更年期障害とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気に年齢を重ねていく上で、健康はとても大事な要素ですよね。

体調が崩れると、食欲不振になったり、外出するのが億劫になったり、落ち込んでしまったりすることもあります。

とくに50代女性には治療したくてもはっきりとした病気ではないために治療できないという未病状態が多くあります。

周囲からは病気ではないと感じられても、自覚症状がある場合は、更年期障害の可能性があります。

スポンサーリンク

50代女性の更年期障害と更年期症状

更年期障害,50代

✔ 更年期障害の症状は50代女性に多い?

⇒ 閉経の平均年齢は50歳といわれており、その前後10年は更年期なので、更年期障害は主に40代50代に症状が多く現れます。

✔ 更年期障害の症状は改善できる?

⇒ 更年期障害は徐々に緩和されいずれは治る病気でもあります。ただし、発症のタイミングや治るまでの期間は日とそれぞれで異なります。

更年期の50代女性に見られる症状

更年期障害,症状,50代

更年期は卵巣機能が衰えて、エストロゲンの分泌が急激に減少し、次の老年期を過ごすために身体が変化する時期なので、身体にさまざまな影響が現れます。

その症状が強くでることを更年期障害といい、更年期に悩む50代女性は多いようです。

更年期障害の症状は、ホットフラッシュやイライラ、動悸、息切れ、多汗、情緒不安定、食欲不振、頭痛、腰痛、肩こり、物忘れなどさまざまですが、日によって症状が異なったり、一度に複数の症状が起こる特徴があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい