朝起きられない原因は病気?うつ?育児疲れ?目覚まし方法に工夫!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起きれない朝が弱い原因は人それぞれです。気持ちの問題、体質、睡眠環境、病気など、起きれない原因はさまざまです。その上で、朝どうしても起きられない場合があります。人間はロボットではありません。体調のいいときもあれば調子の出ない時もあるものです。その時々でそれなりに対処が必要です。

✔ 主婦なのに、朝どうしても起きられない

⇒ 病気や体質、子育てなどで朝どうしても起きられないこともあります。夫にありのままを話して、協力してもらいましょう。

✔ 朝どうしても起きられない人の仕事

⇒ 昼から、あるいは夜だけという職場もあります。それに自営業なら好きな時間に働けます。自分の体に合わせて仕事をした方が長続きすることもあります。

スポンサーリンク

朝 起きられない人の対策

朝起きられない人はリラックスして眠るという対策

朝どうしても起きられない人は、学校にも仕事にも行かれません。そうであれば社会生活ができなくなってしまうことになります。何か対策が必要です。ひとつには就寝時に眠りが浅くて十分な休息が取れていない可能性があるということです。寝る直前までテレビを見たりゲームをしたりしていると、神経が覚醒していてしっかりと休息がとれないことがあるのです。

朝起きられない人は人生の目的を持つという対策

朝どうしても起きられない人といっても、仕事や学校の日はきちんと起きられているなら、なにも問題はありません。休日に何時まで寝ていようが、それは本人の好きにすればいいのです。しかし、仕事や学校にもいけないとなると、対策が必要です。自分はこのために生きているんだ、あるいはこのために生きていくんだ、という人生の目的を持つと、人は強くなります。

朝 起きられないのは病気?

朝に起きられない病気として、起立性調節障害があります。体の急激な成長に自律神経がついていけずに、機能しなくなることがあるのです。朝は交感神経を作動させて活動を始め、夜は副交感神経が働いて体をお休みモードへと転換させる。この機能がうまく働かずに、朝の時間に起きられなくなるのです。

うつ病で朝起きられない

うつ病の場合は、朝どうしても起きられないことが多いものです。セロトニンの関係かもしれません。うつ病は耐えて生き残ることが重要で、周囲から理解されなくても仕方がないのです。

育児疲れで朝起きられない

育児疲れで朝どうしても起きられないお母さんもいます。特に0歳児を育てている最中であれば、昼も夜も関係なく起こされます。この場合は常に寝不足になるでしょうし、朝に起きれなくても仕方がないでしょう。無理に起きず、きっちりと睡眠をとることが大切です。

起きるための工夫をしてみる

目覚ましに工夫

朝にどうしても起きられない時は、目覚ましをひと工夫してみるのもいいでしょう。自分や、尊敬している人の声を吹き込んで、起こしてもらうという方法です。こうしてはいられないと飛び起きるかもしれませんね。いろいろ工夫してみましょう。

朝の弱い夫を起こすには

朝に夫が起きられなければ、仕事もできずに家族を養うこともままならないでしょう。起きれないのは気持ちの問題という人もいますが、ものすごく朝が弱い人はいるのです。その場合は家族が起こしてあげることが大事ですし、夫を起こす工夫を考えることも大切です。

太陽の光を浴びる、浴びせる

太陽の光は体を起こすために一番効果的です。眠くても何とかカーテンを開け、光を取り入れましょう。理想は眠くても気合いで起きあがり、外に出て太陽の光の下で運動やストレッチをしましょう。深呼吸するだけでも全然違います。自分でできないなら家族に協力してもらいましょう。最初はイヤイヤでも、習慣づければ自然と起きれるようになる人もいるので、まずはトライしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい