更年期の汗と臭いは更年期障害の症状?顔・頭・首の汗の原因と対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代、50代女性で、普段の汗とは違い、汗をかきやすくなったと感じた経験はありませんか?

夏でもないのに顔や頭、首や背中、脇(わき)の汗が止まらない、汗の臭いがキツイ、汗が噴き出てくる、汗で化粧(メイク)が落ちるなど、汗をかきたくないシーンに限って大量の汗が出てくる女性もいます。

多汗の原因は更年期障害のホットフラッシュ(ほてり)が原因かもしれません。では、更年期の汗の対策方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

更年期障害と「汗・臭い」

更年期障害,汗,臭い

✔ 若いころの汗かきとどのような違いがあるのですか?

⇒ 更年期に場合の汗かきや多汗は、のぼせやほてりを伴って起きる顔、頭、後頭部の汗や首筋や脇(わき)など、特に上半身に集中した汗で、時や場所などを問わず大量の汗をかいてしまう症状のことを言います。

また、運動をした後にかく汗と違ってべたべたとまとわりつくような汗で、匂いも通常の汗と違い、臭い特徴があります。

✔ なぜ、汗の臭いが強くなるのですか?

⇒ 更年期の汗には、アンモニア成分を多く含んでいるため汗が、すぐに蒸発しないで体内にとどまることから、臭いがこもり、さらにべたべたと体中にまとわりついてしまいます。

顔や頭や首に大量に汗をかく原因

女性,汗,上半身,頭,首

更年期障害として女性にとってはあまり起こって欲しくない症状が、滝のように顔や頭から首筋にかけて、溢れ出すように流れてくる多汗ですよね?

この多汗の原因として、女性ホルモンの急激な減少による自律神経のバランスの崩れから起きる体温調整の機能低下です。

本来であれば、夏などの暑い時に体の熱を出すための汗が、血行不良などにより血流が悪くなる、あるいは、涼しい時に下半身の冷えに反応して上半身に出てしまうと言う症状が起こります。

そして、自分だけ汗をかいていると、周りの目が気になり、よけいに汗が噴き出てしまうこともあるでしょう。

大量に汗をかきやすい場所とは

大量に汗をかきやすい個所として、主に頭(後頭部)から顔や首筋、胸、つまり上半身を中心にかきます。

ですので、手足などにはほとんどと言っていいぐらい書きません。

ほとんどの場合、汗をかきやすい手足には汗をかかず、上半身のみ出てしまうと言う不思議な現象が起こってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい