バセドウ病とは?ストレスが原因?更年期の症状とバセドウ病の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期に気を付けたい病気の中でバセドウ病と呼ばれる病気があります。

この病気は、甲状腺ホルモンが作用している病気で、体温調節や消化器官のコントロールバランスが崩れてしまい症状が発症します。

更年期に気を付けたいバセドウ病についてご紹介します。

スポンサーリンク

更年期の症状と病気のギモン

なぜ更年期の女性が気を付けたい病気と言われているのでしょうか?

バセドウ病という病気は、更年期の女性の症状とよく似た症状が起こります。

そのため、更年期に発症すると更年期障害とバセドウ病は間違われ、発覚しにくい病気でもあるのです。

この発覚のしにくさが、更年期の女性が気を付けたい病気と言われる原因です。

女性の更年期の症状とバセドウ病を区別するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

バセドウ病の症状は、からだのだるさ、疲労感、顔ののぼせなどの更年期の女性と似た症状があります。

しかし、更年期の症状と異なる特徴もあり、バセドウ病になると落ち着かず、動き回ってしまうという症状にみまわれます。

バセドウ病を防ぐには

バセドウ病を防ぐには、早目に発見することが重要です。

更年期の女性がかかりやすく気を付けたい病気と言われていることもあり、発見が遅れることが多い病気です。

気が付いたときには症状が進行していたと言うことにもなりかねませんので、更年期の症状かなと気になり始めた時点で、そのままにせずに専門機関に足を運んでみましょう。

バセドウ病は血液検査などで発見することができると言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい