30代で敏感肌に?30代女性の肌質変化!30代からの敏感肌対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の多くが30代半ばで肌質が変化したと実感する方がいます。

乾燥も関係しているのですが、肌のバリア機能が低下してしまい、少しの刺激でも反応してしまう敏感肌になる人が多いのです。

肌が敏感な人ほど保護できていないので、水分が蒸発し乾燥が進むという悪循環になりますから、早い対策が必要になるのです。

スポンサーリンク

敏感肌だと10歳以上老けて見える事も

敏感肌の方は刺激に弱い肌でもありますので、少しの事でも反応してしまいます。

そのため紫外線の影響が大きく、シミやシワが発生しやすくなり、肌のバリア機能も低下しています。

また水分を保持できなくて乾燥もしやすいのです。

細かく言えば洗顔後の突っ張り感やピリピリ感もそうで、肌がごわつきやすく、普通の肌の人よりも老けて見える要素がたくさん詰まっているのです。

なぜ30代から肌質が変化してしまうのか

元々アレルギー体質で症状が悪化してしまったという先天的な原因もありますが、30代以降突然になる場合はスキンケアを怠って、肌のバリア機能や水分の保持量が低下した事をキッカケに起こる事が多いです。

一度の肌質の悪化が何故続くのかと思うかもしれませんが、そもそもの原因が食生活やストレス、病気やホルモンバランスの変化等によって体質が変化して起こるので、スキンケアとは別の改善も必要になってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい