40代~50代になってから頻繁に起こる「胃痛」は更年期障害かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、女性の卵巣の機能は30際前後にピークを迎え、その後少しずつ衰えていきます。

卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることで引き起こされるのが「更年期障害」。

皆さんも「更年期障害」と言う名称は聞いたことがありますよね。

多くの女性が40代や50代から閉経までの数年間の間に迎えることとなる更年期障害ですが、この期間は身体に様々な更年期障害の症状が出てくるので、肉体的、あるいは精神的な異常があらわれる様々な症状に、多くの40代から50代の女性が苦しんでいます。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「胃痛」

更年期,ブログ

更年期障害の症状の大半は、閉経を迎えて更年期を過ぎると自然とおさまります。

しかし、数年とは言え辛いものはやはり辛いですよね。

また、お悩みの症状が本当に更年期障害の症状であるのかは、素人には判断しにくいところでもあります。

特に内臓系は、目には見えず、分かりにくい症状も多いだけに注意が必要です。

更年期になると、急に食欲が減退してしまうことや、逆に急に食欲が増すこともあります。

しかし内臓系や消化器系の症状は、更年期より以前から感じていたと言う人も多いでしょう。

そのため、何が原因であるのかを特定しにくいのが特徴になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい