更年期障害の代表的な原因「ストレス」は様々な理由で引き起こされる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ならば、ついつい年齢を気にしてしまうもの。

年齢を重ねるごとに、美容にも健康にも衰えが見られるようになり、ついつい憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

加えて、女性には男性とはまた違う「更年期障害」が多々あります。

女性の「更年期障害」の原因は、卵巣機能の低下と、それによって女性ホルモン「エストロゲン」が減少すること。

人間である以上、どれほど健康的な生活を送り、アンチエイジングを心がけていたとしても、老いを完全にストップさせることは出来ません。

どんなに美しい女性でも、女性特有の器官の機能は年齢を重ねるうちに低下していき、やがて完全に機能しなくなってしまうでしょう。

卵巣機能の低下と閉経は、その象徴とも言えます。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「ストレスの原因」

更年期,ブログ

更年期障害というのは、大体45歳から55歳の年齢に該当し、閉経と共に終える女性が多いのですが、中には生活リズムや環境の変化によって身体が更年期の状態になってしまうと言う人も居ます。

つまり、「若くして更年期の症状に悩むことになる」と言う女性の存在も、実は意外と少なくありません。

若年性の更年期障害の原因となるものは、主に生活習慣によるものです。

ストレスや不摂生な生活などが原因であることが多いですが、人によっては生活のリズムを著しく変える何らかの出来事によって、更年期のような症状が引き起こされるようなこともあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい