ストレスを溜めたことが原因で更年期障害の症状が悪化することも…

             

ストレスと副交感神経の関係は?

その理由は、「副交感神経」にあります。

ストレスを感じるようになると、「副交感神経」が高まります。

「副交感神経」が高まることで身体にかかる負担は、当人が想像しているよりも重く、それがやがて「更年期障害」に繋がってしまうと言うケースがあるのです。

しかし、体質だからと諦める必要はありません。

体質は治療や漢方薬など、様々な方法で改善することが出来ます。

加えて、たまったストレスはしっかり発散する方法を確立しておくと良いでしょう。

逆にストレスを溜め込み、体調不良の状態が続くと、結果としてそれが新しいストレスの原因になってしまうので注意しましょう。

大事なのは、心身をリフレッシュさせること。

ストレスは、身体の状態を悪くさせるだけですから、いつまでも健康な身体を守るためには、ためたストレスはどこかでリフレッシュさせるよう心がけて、身体だけでなく心の余裕も作ることが大切です。

       
更年期障害 ブログ
最新情報をチェックしよう!