質の良い睡眠を心掛けて更年期障害による「不眠」を改善させよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性は40代から50代になると、各器官の働きが低下し、体内の女性ホルモンがどんどん減少していきます。

そして女性ホルモン「エストロゲン」が減少して閉経を迎えるまでの数年間にあらわれる様々な症状が、皆さんもご存知の「更年期障害」です。

一般的に、閉経する年齢は50歳前後。

更年期障害は、年数で言えばたった数年ですが、その際に身体にあらわれる更年期障害の症状は様々であり、健康面で様々な支障を来すようになるので、それらの症状に多大なストレスを感じる人はとても多いです。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「不眠」

更年期,ブログ

40代~50代女性の更年期障害の主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。

加齢と共に卵巣の機能が衰えますが、卵巣からは「エストロゲン」と言う女性ホルモンが分泌されています。

卵巣の機能が衰えれば、当然卵巣から分泌されるエストロゲンの量も減少してしまいます。

エストロゲンの減少と、それによる卵胞刺激ホルモンの増加、この状態がまさに、「ホルモンバランスの乱れ」です。

ホルモンバランスの乱れは、やがて自律神経失調症に繋がるので注意が必要です。

更年期障害の症状と、自律神経失調症の症状には深い繋がりがあるので「あれ?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

例えば「不眠」や「ほてり」、「多汗症」など。

特に「不眠」でお悩みの女性は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい