「テストステロン」の減少が引き起こす男性更年期障害の主な原因3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「更年期障害」と言えば、40代や50代と言う、閉経を間近に控えた女性がなるものと思われがちです。

確かに女性の多くが悩むことになるものですが、しかし最近では、男性にも同じ症状があらわれることが分かりました。

つまり、男性の中にも更年期障害の症状に悩むと言う方は多いということです。

では一体、更年期障害を起こしている男性の身体には、どのような症状があらわれるのでしょうか?

実は、男性の「更年期障害」も女性のそれとあまり変わりません。

「ホットフラッシュ(火照り)」や「冷え」、「手足の痺れ」、「発汗」などが症状としてあらわれます。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「テストステロンの減少」

更年期,ブログ

「更年期障害」の原因は、主に三つ。

  • 精神的に不安定である、ストレスがたまっている。
  • 男性ホルモン「テストステロン」の不足。
  • ホルモンバランスの乱れ。

原因もまた、女性とそこまで変わりません。

女性の場合は「テストステロン」ではなく、女性ホルモン「エストロゲン」ですが、それ以外は基本的には同じと考えて良いでしょう。

「テストステロン」は、骨や筋肉を作る重要なホルモンなんです。

また、この「テストステロン」の分泌が最も盛んなのは20代のころといわてれいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい