乾燥肌が気になる40~50代女性必見!それは更年期障害の症状かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代や50代と言えば、女性にとっては健康・美容・恋愛と様々な面で衰えが見えてくる頃。

もちろんそれをはね除けてエネルギッシュに生きている人は沢山居ますが、それでもその影では何らかの努力をしていることでしょう。

40代から50代の女性の多くが悩むことになるのが、更年期障害の症状です。更年期障害には様々な症状があらわれます。

女性である以上避けては通れない症状ですが、出来ることならばこれ等の症状とは無縁の生活を送りたいですね。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「乾燥肌」

更年期,ブログ

ところで、40代や50代はお肌の乾燥が顕著になる時期。

実はこの乾燥肌も、更年期障害の症状の一つです。

乾燥肌はしみやくすみ、皺の原因にもなるので、何とか改善したいところです。

更年期障害の症状とは、卵巣の働きが低下して女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が減少し、ホルモンバランスが崩れることであらわれるものであるのは有名ですね。

しかし、実はホルモンバランスが崩れるとお肌にはりや潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸まで減少してしまうのです。

これが、乾燥肌の原因です。

また、「湿疹」という皮膚の症状も、代表的な更年期障害の症状としてあげられます。

エストロゲンにはお肌の潤いを保つ作用もあるので、エストロゲンが減少すれば自然とお肌はかさかさに。

皮膚からは水分が失われるので乾燥しやすくなり、炎症も起こしやすくなります。

そんなお肌は、実はとても湿疹が出来やすい状態です。

また湿疹の中には痒みを伴うものもあるので、辛い場合は皮膚科にかかり薬やクリームを処方してもらうことで、状態が緩和させることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい