どんな症状が現れるの?女性が気になる更年期障害の初期症状とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「更年期障害」と言えば、やはり女性であれば意識せずにはいられませんよね。

特に40代や50代の女性にとっては重大な健康問題です。

働いている女性ならばなおさらでしょう。

一口に「更年期障害」と言っても、女性の身体にあらわれる症状は様々です。

また、更年期にあたる10年ほどの間、ずっと同じ症状がおこると言うわけでもありません。

一般的に更年期は40代から50代で始まり、閉経まで数年間続くものですが、実は年代によって違う更年期障害の症状を引き起こすこともあるのです。

スポンサーリンク

40代は更年期障害の初期症状に注意

更年期,ブログ

例えば、同じ女性であっても、更年期に入ったばかりの40代の頃と、閉経間近の50代の頃とでは、更年期障害の症状は違ってきます。

この時期に多く見られるのは、自律神経系の異常。更年期障害の症状の中でも、自律神経の失調や精神の不安定さが目立ちます。

更年期障害の症状の中には、日常生活に支障が来すほどの症状があなたの身体を襲うこともあるので、注意と対策が必要。

しかしそんな更年期障害の症状ですが、中には40代や50代になる前から様々な予防策を立てておくことで予防、あるいは緩和することが可能になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい