気持ちが落ち込む40~50代女性必見!更年期障害の「うつ」かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に対しても恋愛に対しても精力的に活動することが出来た時期が過ぎ、40代や50代になると、頭に「更年期障害」と言う症状がちらつくようになります。

更年期障害の症状は数多くあり、中には「え、これが更年期障害の症状だったの?」と驚くようなものもある中で、女性の多くが多かれ少なかれ感じることになるのが気怠さ。

何もやる気が起こらない状態になり、気分もうつうつとしてくるようになります。

更年期障害の症状の中でも、この状態に症状名を与えるならば「うつ」。

元々女性は男性よりも「うつ」になりやすいと言われています。

スポンサーリンク

「うつ」や「やる気が起きない」

更年期,ブログ

40代や50代になってから、気持ちがふさぎ込んでしまうことが増えた。

気分が鬱々として、何もやる気が起きない。40代や50代になる前はこんなことは無かったのに、40代~50代になった途端に情緒不安定になることが多くなったと言う女性は、実はとても多いのです。

「鬱(うつ)」は、代表的な更年期障害の症状になります。

多くの場合、45~55歳程度から閉経までの5年ほどを更年期と呼びますが、この期間は女性ホルモン「エストロゲン」が減少することでホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスの崩れは精神的な面にも影響が及び、その結果が「鬱」と言う症状としてあらわれてくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい