更年期障害によるうつ症状に有効な治療法「ホルモン補充療法」とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い頃はそんなことはなかったはずなのに、40代や50代になってから「イライラ」や「うつ」が目立つようになったと言う女性は多いです。

元々女性は、男性に比べると倍近い人が「うつ」を発症すると言われています。

女性が「鬱」になる大きな原因は、妊娠や更年期障害などによるホルモンバランスの乱れ。

40代から50代で迎える更年期障害では、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が減少することで、自律神経系やホルモン系の働きが低下します。

更年期に離婚が多いのは、「更年期障害」が原因であるとも言われているくらいです。

スポンサーリンク

鬱にもホルモン補充療法(HRT)

更年期,ブログ

更年期障害の症状としての「鬱(うつ)」は、気付かれにくいのが特徴です。

周囲だけでなく当人も「鬱」だと思っていなかったため、治療が遅れて状態がどんどん悪化する…と言うことも珍しくありません。

そのため、40代から50代になって更年期障害の症状として「うつ」が発症した場合は、早期の発見が重要になります。

40代から50代で「鬱」にかかった更年期の女性は、活動的に振る舞っていることも少なくないので注意しましょう。

では、うつを自覚した際に、うつの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい