40~50代女性を悩ませる更年期障害の症状はいつから現れ始める?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなにアンチエイジングに励み、美容に気を遣っていたとしても、年と共に身体は衰えていくもの。

年を重ねるうちに、身体に様々な衰えが見られるようになるのは女性も男性も一緒ですが、女性には男性とは違う症状で悩むことが多々あります。

特に40代や50代と言う、人生の折り返し地点になると、「更年期」にさしかかり、今まで頑張ってくれた身体もあちこち悪くなってきます。

スポンサーリンク

更年期障害の始まりは

更年期,ブログ

「更年期障害」と言えば男性にもありますが、一般的には女性の更年期障害がメジャーであり、女性の場合の更年期障害は男性とは違う様々な症状が引き起こされることが多々あります。

女性の身体に「更年期障害」があらわれるのはいつからなのかというと、年齢で言うと40代半ばから50代半ばまでの数年間。

一般的には、このくらいの年齢から閉経が終わるまでの間におこると言われているものです。

では、なぜ更年期障害は起こるのでしょうか?

原因は、年齢を重ねるうちに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が減少することにあります。

分泌する「エストロゲン」が減少すると、「エストロゲン」の不足により体内のホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れると言う状態は、一般的に考えられているよりもずっと深刻な問題を身体に生みます。

「ホットフラッシュ(火照り)」や「冷え」など、体温調節が上手く出来なくなる症状が有名ですが、人によっては「頭痛」や「不眠」、「鬱」を発症することも。

では、そんな「更年期」の見分け方はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい