40~50代女性の「生理が来ない…」は更年期障害の典型的な症状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生も半ばに差し掛かると、人間としても女性としても、精神的にある程度の落ち着きが出てくるものです。

特に閉経を間近に控えた女性の中には、二十年三十年前に出産を終え、成人した子供が既に独り立ちをしたと言う方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ?生理がこない、生理不順

更年期,ブログ

「そう言えば、最近なかなか生理こない」と気付いて不安になったりしませんか?

10代や20代と、若い頃に生理こないと、まず「もしかして妊娠した?」と言う可能性に思い至りますが、40代や50代になって生理こないと「もしかして、生理が終わった?」と不安になりますよね。

生理があれば億劫ですが、無ければ無いで不安になるのが生理。

自分の女性らしさが身体から失われたような気がして鬱々としてしまう、と言う女性はとても多いです。

生理がこない、あるいは生理が不順、量が減った。

このような状態は、典型的な「更年期」の症状です。つまり、このような状態になってしまった時に考えられるのが、「更年期障害」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい