閉経までの数年間に悩まされる「更年期障害」での生理周期の変化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年を重ねるごとに、身体には様々な異常が見られるようになります。

長年、絶え間なく使い続けてきた身体ですから、40年や50年もたてば悪い場所が出てくるのは、ある意味では当然なのかも知れません。

スポンサーリンク

40代や50代になると生理周期が変わる

更年期,ブログ

40~50代は生理周期が乱れ、生理がなかなかこなくなると言う人も居るでしょうが、正直なところ、生理がくると気持ちが鬱々としますよね。

ホルモンバランスの影響でニキビが出来る、気分が落ち込むなど、身体にも変化が見られるようになります。

そして更年期になると、それは特に顕著になるでしょう。

そんな40代や50代の女性の、閉経までの数年間を一般的に「更年期」と呼びます。

一時期はテレビや雑誌の健康特集で頻繁に取り上げられていたので、既にご存知の方も多いのではないでしょうか。

女性であれば、少なからず意識してしまうものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい