話題の更年期障害に効果的な食材「フラックスシード」って何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年を重ねるにつれて、減量が難しくなるのは多くの女性が感じているところではないでしょうか。

特に更年期に入ると、なかなか体重が減らずイライラしてしまう女性が多いです。

女性の多くが、様々なダイエット方法を試していると思うのですが、更年期の根本的な原因であるホルモンバランスの乱れを直すのは、体調不良の改善にもなる良い方法です。

ローカロリーで栄養のある食事の中に、減少した女性ホルモン「エストロゲン」にかわる「リグナン」や「フィトエスト」を豊富に含んだ食材を取り入れることで「更年期」を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

フラックスシードについて

更年期,ブログ

ちょっと前、更年期になると減少する女性ホルモン「エストロゲン」をおぎなうものとして話題になったのが「大豆イソフラボン」。

健康系の雑誌や番組で取り上げられることも多く、テレビでは大豆イソフラボン製品のコマーシャルも盛んに流されていました。

記憶にある人も多いのではないでしょうか?

確かに「大豆イソフラボン」には「エストロゲン」に代わる作用があり、食事の際にも取り入れやすい食材・大豆に多く含まれていましたが、最近では「フラックスシード」が注目されています。

「フラックスシード」とは、「亜麻」の種のこと。「亜麻」は主に中央アジア原産の一年草で、食材としてよりは、衣服や寝具に使用されている印象が強い植物かも知れませんね。

最近、この「亜麻」の種が「フラックスシード」と言う名称で注目されています。

特に欧米では健康維持の食品として人気を集めており、日本でも既に多くの人が食事に取り入れています。

更年期の女性は、是非とも日頃の食事に取り入れたい食材です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい