40~50代女性は更年期障害の目に見えない症状「高血圧」に注意!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の女性は、40代や50代になっても若々しく、エネルギーに満ちあふれています。仕事にも恋愛にも積極的で、一見しただけでは実年齢が分からないと言う40代や50代の女性も少なくありません。

しかし、どんなに若々しい人であっても、やはり見えないところで「老い」は確実に進行し、様々な症状としてあらわれてきます。

40代や50代の女性の閉経までの数年間は、一般的に「更年期」と呼ばれています。更年期にあらわれる症状は数多くあり、中にはそれが更年期障害の症状だと気付かないようなものまで。

特に目には見えない更年期障害の症状には注意が必要。

場合によっては動脈硬化や高血圧を招きかねません。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「高血圧」

更年期,ブログ

40代から50代の女性の体内では、女性ホルモンの「エストロゲン」が急激に減少しますが、この「エストロゲン」、実はとても重要な役割を持っているのです。

「エストロゲン」の重要な役割、それは悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させてくれると言う点。さらに、善玉コレステロールまで増やしてくれると言うのですから、「エストロゲン」がどれほど大事な要素であるのかは容易に想像することが出来るでしょう。

更年期は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少していくので、意識的に取り入れることも調子よく更年期を過ごすためには大事になってきます。

また、代表的な更年期障害の症状としてあげられるのが、「高血圧」。

「エストロゲン」が体内でしっかり分泌されることにより予防されてきた動脈硬化や高血圧なども、更年期を境に発症しやすくなっており、「高血圧」自体は有名な症状ですが、40代や50代になってから血圧に異常が見られるようになったと言う女性はとても多いのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい