処方薬だけではない!市販薬も更年期障害の症状緩和にはおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代や50代、閉経間近の女性の多くを悩ませることになるのが「更年期障害」ではないでしょうか。

更年期になると、卵巣の機能が低下して女性ホルモン「エストロゲン」が減少。

それによりホルモンバランスが乱れて、「ホットフラッシュ(火照り)」や「冷え」、「発汗」など、様々な症状があらわれます。

症状や重さは人により様々で、中にはまるで辛さを感じないまま更年期を終えると言う人も居るのですが、「身体の変化は心の変化」です。

そのため、この時期はある意味人生の節目であるとも言えるでしょう。

ところでこの更年期障害の症状ですが、実は市販の薬でやわらげることが出来るかも知れません。

一般的に、更年期障害に効果がある治療法と言えば、やはり「ホルモン補充療法」などが有名ですが、市販の薬で更年期の症状の数々をおさえることが出来るなら、それが一番ですよね。

スポンサーリンク

更年期障害の市販薬

更年期,ブログ

「更年期障害」によく効き、手軽に手に入れることが出来るものとして有名なのは、タケダの「ルビーナ」や、小林製薬の「命の母A」です。 「ルビーナ」は漢方由来。

「火照り」や「冷え」、「動悸」、「貧血」、「頭痛」、その他様々な「更年期障害」の症状によくきくとされています。

加えて、タケダのホームページには「ルビーナ」がどのような症状に効果があり、更にどの程度の人が効果を実感することが出来たのかまで公表されているので安心ですね。

また「命の母A」は、「生理不順」、「生理痛」、「肌荒れ」、「耳鳴り」、「ヒステリー」などに効果があるとされています。

「ルビーナ」と違うのは、「更年期障害」以外にも効果があると言う点。

様々な成分が配合されているので、栄養補給にもなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい