更年期障害のホットフラッシュによる大量の汗がわきがを引き起こす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性も40代や50代になると、加齢と共にどうしても身体は衰えてきてしまい、身体に様々な異常を感じるようになります。

「以前は平気だった事が出来なくなる」、「以前は無かった症状で悩まされるようになる」など、40代から50代の女性は、自分の身体にあらわれた変化にストレスを感じてしまいがちです。

このような、40代から50代の女性の多くが悩む身体の異常が、更年期障害は、自律神経失調症の一種でもある、いわゆる「更年期障害」と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「ホットフラッシュ、汗、わきが」

更年期,ブログ

更年期障害とは、身体が女性としての働きが低下して、女性ホルモン「エストロゲン」が減少することで起こるホルモンバランスが乱れることをいいます。

つまり、40代や50代の女性の更年期障害の症状は、ホルモンバランスの乱れと自律神経失調症が原因なので、症状としてあげられるものの多くが、自律神経の異常によるものです。

加齢によりホルモンバランスが乱れることで肉体的、精神的に不調に陥りますが、そんな更年期障害の症状として有名なものと言えば、「腰痛」や「冷え性」、「目眩」などもそうですが、「ホットフラッシュ(火照り)」も有名です。

身体が火照ると言うことは、汗をかくと言うことでもあります。

汗が大量に噴き出ると言うのも、代表的な更年期障害の症状の一つです。

女性の中でも、今まではそれほど汗をかく方ではなかったのに、40代や50代になってから大量の汗をかくようになった、寝汗が出るようになったと言う人は、「更年期障害」が原因である可能性があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい