更年期障害の主な原因と更年期障害の兆候を基礎体温で見分ける方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期と言えば、一般的に40代や50代の女性が閉経を迎えるまでの約10年間をさすことは有名ですよね。

この時期、女性は肉体的にも精神的にも様々な変化を迎えることになります。

中でも、この時期の女性の悩みとして多いのが、パートナーの定年退職や子供の巣立ちによるライフスタイルの変化と、それによるストレス。

しかしそのようなストレスが、女性の「更年期障害」を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

更年期にでてくるさまざまな症状

更年期,ブログ

主な症状は自律神経系の障害、身体や代謝に関する障害、精神的な障害の三つ。

「更年期障害」の原因は、主に二つになります。

一つは、身体の問題。当然のことながら、女性の身体は年とともに様々な場所が衰えます。

それは顔などの見た目はもちろんですが、実は身体の中の見えない場所もどんどん悪くなり、様々な障害があらわれるでしょう。

中でも卵巣の機能低下は女性ホルモン「エストロゲン」を減少させ、ホルモンバランスを乱してしまうので、「更年期障害」の大きな原因になります。

二つ目は、精神的な問題。特にストレスは、「更年期障害」の悪化に繋がることも少なくありませんので要注意。

この他、本人の生まれつきの性格や性質も症状の重さに関係してきます。

神経質な人や生真面目な人はストレスがたまりやすく、症状が重くなりやすいのでやはり要注意。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい