乳首痛・関節痛・腰痛…更年期障害と「様々な痛みの症状」の問題

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代や50代の女性の身体は、閉経を目前にして様々な変化が見られるようになります。

その症状は様々。一般的には「更年期障害」の名前で知られているこの状態は、閉経するまで続きます。

最近では多くの40代や50代の女性の悩みの種として、テレビの健康番組や雑誌で特集が組まれ、更年期障害の症状が具外的な症状名と共にあげられているので、既に詳しい情報を持っていると言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、逆を言えば閉経することで更年期障害の症状はおさまることが殆ど。

それでも、数年は続くことになるので決して楽ではありません。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「乳首痛・関節痛・腰痛」

更年期,ブログ

40代や50代の更年期の女性が抱える悩みの一つとしてあげられる症状の中に、「乳首痛」が挙げられます。

更年期障害の症状として、乳首痛に悩んでいる40代や50代の女性は、実はとても多いです。

そもそも更年期障害はホルモンバランスの乱れによってもたらされるもの。

そのため、女性特有の部位である胸に異常を感じるのは、ある意味当然のことと言えるでしょう。

なお胸に関する症状は、乳首痛以外では乳房の張りなどを感じる人も多いです。

女性特有の胸の病気もあるので、胸の痛みは非常に気になる人が多いと思います。

乳首痛の他にも、更年期障害の症状として「関節痛」を覚える女性もとても多いです。

更年期障害はホルモンバランスの乱れによってもたらされる…と言うのは、先述した通りで、女性ホルモンが減ることと「関節痛」と言う症状に関係性がないようにも見えるのですが、実は女性ホルモンには関節の動きを滑らかにすると言う働きがあるのです。

そのため女性ホルモンが減少すると、関節の動きが以前のようにはいかなくなり、場合によっては痛みが伴うことも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい