なぜ若い女性が?気になる「若年性更年期障害」を発症する原因とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、「更年期障害」と言う症状名から連想するのは40代から50代の女性ではないでしょうか。

確かに更年期障害は40代や50代から閉経を迎えるまでの女性がなる症状名ですが、最近では「若年性更年期障害」と言う症状名も注目を集めています。

これは文字のとおりで若い人がなる更年期障害ということです。

女性を取り巻く環境も大きく変わってきており、早い人では30代から更年期障害の症状が出始めるのです。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「若年性更年期障害」

更年期,ブログ

「若年性更年期障害」とは、40代や50代よりも若い、それこそ20代や30代と言った閉経を迎えるには早すぎる女性がなる、「更年期障害」によく似た症状のこと。

40代や50代の人のように卵巣機能が低下し、「エストロゲン」が減少してホルモンバランスが乱れるにはまだ早いはずの若い人がなるこの症状。

実際、現在も気になっていると言う女性は多いのではないでしょうか。

「若年性更年期障害」が疑われる女性の多くが気になるのは、やはり月経の有無。もしかしたら、閉経が間近なのかも知れないと思えば不安が募ります。

30代と言えばまだまだ女盛りです。昨今では、30代で結婚と妊娠をすると言う女性も増えているだけに、「このまま生理が無くなってしまったら…」と不安を覚える人も多いでしょう。

一般的に「閉経」とは、一年以上月経がない状態をさします。

生理不順は、閉経が近付いているサイン。卵巣の働きが低下して「エストロゲン」と呼ばれるホルモンの分泌量が減少するのが原因です。

生理のサイクルが乱れ、なかなか生理がこないと、不安を覚えてしまいますね。

しかし「若年性更年期障害」は、先述したとおり、卵巣機能が低下する年ではないのにあらわれるもの。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい