女盛りの30代女性を襲う様々な身体の不調「若年性更年期障害」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害と言うと、閉経を間近に控えた40代や50代の女性がなるものと思いがち。

確かに、一般的に「更年期」は40代半ばから、閉経を迎える50代半ばまでの数年間をさします。

更年期を迎えると、卵巣機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」が減少することで身体に様々な異常が発生します。

しかし、実は最近30代の人の間で更年期障害のような症状が見られる「若年性更年期障害」が流行っています。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「30代の若年性更年期障害」

更年期,ブログ

若年性更年期と言う言葉からも分かるように、本来は閉経にはまだまだ猶予があるはずの女性に見られるこの症状に悩むのは、主に30代。

30代女性と言えば、まだまだ若く、精神的にも肉体的にも満ち足りているはずの年頃です。まさか更年期障害というワードが自分にふりかかるとは思ってもいないでしょう。

30代でがんばって仕事をしている女性なら、バリバリのキャリアウーマンとして、日々を忙しく過ごしていることでしょう。

しかし、同時に「若いから」と無理をし、ストレスをためこみやすい年代でもあります。

特にストレスは、身体のバランスを乱す大きな原因の一つでもあるので注意しましょう。

そんな若い女性の身体に、少しずつ異変があらわれるようになったら要注意。

症状は、「ホットフラッシュ(火照り)」や「冷え」、「生理不順」など。

更年期を迎えるには早すぎるけれど、その症状は更年期の症状である可能性があるので、「若年性更年期障害の症状」を疑ってみると良いでしょう。

なお、一口に「若年性更年期障害」と言っても、その原因は様々。

それによって治療方法も変わってくるので、自分の身体や月経に異常を感じたら、病院でしっかり診てもらい、原因を探ると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい