更年期障害による自律神経失調症で起こる「イライラ」や「ピリピリ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代や50代の女性の多くが悩むことになる症状が、「更年期障害の症状」です。

40代から50代の女性であれば、更年期障害の症状は日頃から少なからず意識しているのではないでしょうか。

特に健康志向ではなかったとしても、やはり気になる問題ではないかと思います。

更年期障害の症状は「ホットフラッシュ(火照り)」や「冷え」、「寝汗」、「めまい」、「微熱」、「腰痛」に「肩こり」などいろいろあります。

スポンサーリンク

更年期ブログ-「イライラ、ピリピリ」

更年期,ブログ

更年期障害の症状は多岐にわたっていますが、実は更年期障害初期の40代と、更年期障害が終わろうとしている50代では、同じ女性でもあらわれる更年期障害の症状は違ってきます。

しかし、更年期障害の症状は何も肉体的なものばかりではありません。更年期障害になったばかりの40代の女性には、自律神経系が正常に機能しなくなり、「自律神経失調症」の状態になることがあり、精神的に不安定になるのもこの時期です。

40代や50代の女性の中には、更年期に入ってから妙にイライラピリピリしていると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこのイライラピリピリも、更年期障害の症状なのです。

些細なことでもストレスに感じてしまうので、当然自分の身体にあらわれるようになった更年期障害の症状にも多大なストレスを感じてしまうことでしょう。

なおこのイライラは、50代になるとある程度落ち着いてくると言う人も多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい