更年期はカルシウム不足?高血圧・動脈硬化はカルシウム摂取で予防!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧や動脈硬化には、ある成分が最適だと言われています。それはカルシウムであり、更年期の女性は不足傾向でもあります。

塩分の摂りすぎは良くないとよく聞きますが、カルシウムが不足する事によっても血圧が上昇したり、血管系の疾患を引き起こしてしまうのです。予防のためにも必要な成分を摂取しましょう。

スポンサーリンク

カルシウム不足のギモン

Q:何故、カルシウムが不足すると血圧が上がるの?

A:血液中のカルシウム濃度が上昇しますと、血管の壁に取り込まれてしまい、壁が狭くなりますので、血液の流れが悪くなり、それを良くしようと心臓は働きますので高血圧になりやすいのです。

しかし、それだとカルシウムの摂取がいけないと思いますが、カルシウムが不足すると血液中のカルシウムが上昇するカルシウム・パラドックスという現象があります。

それを防ぐためにも成分の摂取が必要なのです。

Q:もしカルシウムが不足するとどうなるの?

A:必要な栄養が不足すると身体に不自由が起こりますが、脳の神経細胞の働きが低下してしまいイライラしたり、足がつったりするのが代表的な症状です。

脳にも血管がありますので、ここでも濃度が上昇する事で、動脈硬化を起こし脳卒中にもなりますが、痴呆の症状も現われると言います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい