胸や乳首が痛い!乳首痛や胸の痛みは更年期?乳がん?生理前?妊娠?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸が痛い、乳首が痛い。女性にとってはすごく不安になる症状の一つです。胸の痛みは、様々な疾患が考えられますし、胸や乳首の痛みは、更年期や生理前、妊娠、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。また、乳がんの可能性も否定はできません。

  • 更年期になると閉経前後に胸の痛み(乳首が痛い)を感じている女性も少なくありません。
  • 更年期障害の症状の乳首痛の他に、乳腺疾患を伴うものもあります。
  • 生理不順で胸や乳首に痛みを感じる場合もあります。
  • 妊娠中に乳首が痛くなったり、痒くなったりする方もいます。
  • 胸に痛みが伴うケースでも、必ず胸の疾患とは限らず、神経症などが影響している場合もあります。
  • 筋肉痛による胸の痛みなどもあります。

ここでは、ホルモンバランスの乱れ、更年期障害、病気や乳がんの可能性、妊娠との関係性などをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンの減少が乳首の痛みを引き起こす?

女性ホルモン,乳首,胸

女性は35歳を境目に卵巣は徐々に老化して行き、45歳から55歳にかけては、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ってきます。

そのため、月経の周期も徐々に不安定になり、生理前に起きやすかった胸が痛い症状(乳首痛,乳房痛)も酷くなってくることもあります。

乳首痛や乳房痛は更年期障害?胸が痛いのは病気?

乳首が痛い,乳首痛,病気

乳首痛や乳房痛が起こる理由は

乳首が痛い、乳房が痛いという症状は、年代によって原因が違ってきます。

Q
10代の女性で乳首痛や胸が痛い場合、なにが原因ですか?
A
10代の女子では、生理も不安定なので、乳房の発達過程による痛みが一つ考えられます。

Q
20代30代の女性はどうでしょうか?
A
20代からは働く女性も増え、環境も変わり、ストレスなども影響して内分泌環境の変化に伴う痛みなどが一つ考えられます

Q
では、40代、50代女性も30代と同じように、働いたり主婦業などのストレスが主な原因ですか?
A
同じ理由も考えられますが、更年期世代で増えてくるのは、内分泌環境の変化(女性ホルモンの変化)に伴う痛みがあります。

A
女性ホルモンのエストロゲンは、個人差はありますが、アラサー世代(30代前後)から落ち始め、30代後半~閉経にかけて急激に落ちていき、女性の体には様々な変化や症状が生じてきます。

では、次のページからは、「胸痛、乳首痛」と「更年期障害、病気、妊娠」などの関係性や可能性をみていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい