乳首の痒みがひどい!なぜ生理前、妊娠初期・妊娠超初期に乳首が痒い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳首が痒い時、どう対処されていますか?

なかなか人には相談できない「乳首の痒み」。

特に生理前、妊娠超初期(最後の生理~妊娠2ヶ月頃まで)・妊娠初期(妊娠2ヶ月~4ヶ月)などにその痒みがひどくなったりしていませんか?

どうして乳首が痒いのでしょうか?その原因と対策をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

「乳首が痒い」原因その1:生理前

乳首,痒い,生理前

生理前になると、女性ホルモンに変化が現れます。

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが女性の身体の中には存在します。

このうち、「プロゲステロン」の分泌量が多くなる生理前になると心も身体も不安定な状態になります。

この時期に起こることが多いのが「乳首の痒み」なのです。

乳首の痒みは起こる人と起こらない人とさまざまですが、中でも「生理前になると、乳房が張って痛い」という症状が出る人に多く見られるようです。

また、生理前は肌も敏感になっていますから、下着との摩擦によっても痒みは起こります。

まずは、下着を肌にやさしく吸水性にすぐれた綿素材のものに換えてみるのも手です。

またアトピー性皮膚炎など、アレルギーが原因していることも考えられますので、生理前だけでなく乳首が痒い状態が続くようであれば皮膚科に相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい