便秘の女性は注意?大腸がんの原因は?大腸がんと更年期障害の関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害と間違われやすい重大疾病、大腸がん。便秘の女性は要注意?!

潰瘍性大腸炎の可能性もあるので、まずは危険性なども含めて知識を身につけておきましょう。

大腸がんにかかる女性も増えてきていますし、これらの疾病の原因と症状を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

更年期障害と間違われやすい「大腸がん」。その症状とは?

shutterstock_206929621

更年期障害の症状は、人によって、うつ症状、腹痛、頭痛、イライラなど様々です。

中でも「腹痛や下痢などの症状を繰り返す」という症状もあり、この症状は「大腸がん」の症状ととても似通っています。

ですから、更年期障害になり、このような症状が続く場合、また排便に血が混じっていた、などという方は、一概に更年期障害の症状と決め付けず、大腸がんも疑ってみましょう。

病院で検査を受けると、大腸がんなのか、更年期障害なのか、または他の病気なのかの見分けがつきます。

ですから、体調に異変を感じた場合は、まず病院に行く事がお勧めです。

このように、大腸がんの症状である、出血、便秘、下痢などの症状を伴う病気は、たくさん存在します。

ただ、どの病気であったとしても治療が必要となりますので、早めに病院で診察を受けて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい