更年期障害の動悸や息切れ症状!更年期女性の動悸・息切れ克服法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も激しい運動などをすると動悸・息切れと言った症状は出るものです。

しかし、特に激しい運動や急に体を動かしてしまったわけでもない場合で、「動悸や息切れの症状がひどくなることが増えてきた」、「夜寝ている時でも激しい動悸で目が覚めてしまう」などのケースは要注意です。

なぜなら、その動悸や息切れの原因として可能性が高いのが「更年期障害」です。動悸・息切れは更年期障害の症状のひとつとして、よく耳にされるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

更年期女性の動悸・息切れの症状

更年期,動悸,息切れ,症状

✔ なぜ、更年期になると動悸・息切れが激しくなるのでしょうか?

⇒ それは、心臓の拍動や呼吸などをコントロールしてくれる自律神経が乱れることによって引き起こされます。

✔ 自律神経はどうして更年期になると乱れやすくなるのですか?

⇒ 40代、50代、更年期と言われる年代になると急に女性ホルモンが減少してきます。女性ホルモンが減少することで、自律神経が正しく働かなくなるのです。

✔ 動悸・息切れは、女性ホルモンの減少以外に何か原因はあるのでしょうか?

⇒ 特に更年期障害の症状のうちこの動悸・息切れに関しては、心配事やストレスがあったり、疲れがたまっていたりすると強くあらわれる傾向があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい