エストロゲンの代わりに大豆イソフラボンで更年期を緩和して美肌に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の症状を緩和するためには、減少していく女性ホルモンを補う必要がありますが、女性ホルモンと似た働きをする成分として大豆イソフラボンがあります。

実際に意識的に大豆製品を摂取して症状が緩和されることがわかっていますし、閉経後に起こりやすい骨粗しょう症を防いだりすることもできるといわれています。

また、女性にはとっても嬉しい美肌効果もあると言われており、更年期に大豆イソフラボンは欠かせません。

スポンサーリンク

更年期に大豆イソフラボンの効果を実感しよう

エストロゲン,大豆イソフラボン,効果

✔ 女性ホルモンの代わりに大豆イソフラボンが効果的なのはなぜ?

⇒ 女性ホルモンのエストロゲンと、大豆に含まれるイソフラボンは化学構造式が似ていて、その働きも似ているからです。

✔ 大豆イソフラボンは更年期の症状の緩和以外にも何か効果がありますか?

⇒ 大豆イソフラボンは更年期の症状の緩和以外にも美肌効果などがあります。

大豆イソフラボンの更年期の症状への作用

大豆イソフラボン,効果

更年期の症状はホルモンバランスが乱れることがきっかけで自律神経が乱れて多岐に渡る症状を引き起こしていますが、女性ホルモンに代わって機能できる大豆イソフラボンは継続的に摂取していけば更年期の症状を緩和することができると言われています。

しかもそれだけではなく、更年期以降に起こりやすいメタボの予防や、骨密度を維持して骨粗しょう症を予防にも効果があります。