更年期に婦人科で処方される漢方薬とは?更年期障害の症状に効果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害には漢方とイメージされる女性は多いのではないでしょうか。女性の更年期症状を和らげるために、婦人科では漢方薬がよく処方されます。

婦人科で処方される漢方薬はどのようなものがあるのでしょうか?

更年期に起こりやすい症状に合わせて、処方される漢方薬とその効果をご紹介します。

漢方薬は患者の症状を治すという意味では西洋医学の考え方と同じですが、自然科学的で、心と身体を一体として考えるという特徴を持ちます。

スポンサーリンク

婦人科の漢方薬は様々な更年期障害の症状に効く?

更年期障害,症状,漢方薬

✔ 更年期の治療に漢方薬は効果があるの?

⇒ 漢方薬の治療は更年期障害の症状にとても効果的だと言われています。

原因をはっきり突き止めることの出来ないような、病気と断言できない症状でも、個人の体質や特徴を重視して症状を判断するので、女性の更年期障害の治療に優れているのです。

✔ どんな症状に漢方薬が処方されるの?

⇒ 婦人科では虚弱体質や腰痛、過年齢による物忘れ、胃の不調や食欲不振、便秘などの腸の不調などの症状に漢方薬が処方されます。

その他にも、精神不安やイライラといった心の症状にも処方されます。

更年期のほてりやのぼせ

更年期障害,ほてり,のぼせ

女性の更年期の症状には、ほてりやのぼせの症状が多く見られます。

婦人科ではこれら、ほてりやのぼせの症状には、加味逍遙散(かみしょうようさん)、女神散(にょしんさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などが処方されます。

更年期のほてりやのぼせの症状は、頭に血が上っていくような感覚になったり、カーッと熱くなるような症状が出ます。

婦人科で処方されるのは、これらを改善することができるの漢方薬です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい