更年期に多い不正出血とは?更年期の生理と不正出血との違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は妊娠や出産ができる身体から、閉経を経てそうではない身体に変化する時期が更年期です。

更年期はホルモンバランス(女性ホルモン)の変化によって、生理周期が乱れたり、生理前や生理が終わってすぐに出血する不正出血を伴うことも多いようです。

不正出血は、素人目では経血との違いはわからないので、生理が頻発していると感じる方が多いようです。

生理と不正出血の違いはどう見分けるのでしょうか。

スポンサーリンク

更年期と生理について

更年期の生理への影響

□ 更年期はホルモンバランスが乱れるため、生理周期が乱れたり、不正出血が起きたりします。

更年期の生理と不正出血の見分け方

□ 一般的には生理と不正出血を見分けることはかなり難しいといわれていますが、基礎体温や経血量や生理痛などの症状から見分けることはできるようです。

更年期と不正出血の関係

不正出血,更年期

更年期になるまでは、生理周期も定期的で、生理に何も問題がなかった女性も、更年期になったとたんに不正出血を経験したという方は少なくありません。

不正出血が起こるのは、ホルモンバランスが乱れることが原因です。

そのため、更年期に限らず、20代や30代でも強くストレスを受けたり、心配事があったりすると、不正出血が起こる可能性は十分にあります。更年期は、閉経に向けて身体を変えるためにホルモンバランスが崩れてしまうので、どんなにストレスがない人でも不正出血を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい