閉経後の不正出血の原因はストレス?子宮の病気?婦人科受診すべき?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閉経前までは不正出血することも多かったと思います。しかし、閉経後の不正出血は病気のサインです。どんな子宮の病気が考えられるのか?婦人科受診のタイミングはいつなのか?しっかりと覚えておきましょう。

また、これまでと同様にストレスが影響して閉経後に不正出血が起こることってあるのでしょうか?どちらにしても、閉経後の不正出血はあまく見てはいけません!

スポンサーリンク

閉経後に不正出血が出る原因

不正出血,原因,閉経後

閉経後の不正出血は大変危険です。すぐにでも婦人科受診が必要です。閉経後に不正出血が起きた時のために、どんな可能性が考えられるのかしっかりと知識として覚えておきましょう。

「子宮がん」が原因の可能性大!!

閉経後は、通常の生理も終了しており生理的出血はなくなっています。ということは、閉経後の出血は「器質性出血」と呼ばれる何らかの病気が起因となって不正出血していることになります。

その中でも最もリスクが大きいのが「子宮がん」です。子宮がんは閉経後の女性で発症率が高い「がん」であるため、閉経後に不正出血が見られたらすぐに病院を受診しましょう。

閉経後の不正出血ってストレスが原因のこともある?

不正出血,ストレス

更年期や20代、30代の不正出血ではストレスが原因で女性ホルモンバランスが崩れ、不正出血を起こすこともありました。

しかし、閉経後はストレスによって不正出血が起こるということはないと考えていた方がいいでしょう。やはり、何らかの病気の疑いが強くあります。

閉経後に子宮から不正出血することもある?

閉経後,子宮,不正出血

生理と言えば、子宮内膜が剥がれおちて外に排出するので「子宮からの出血」と言えますね。不正出血も子宮からの出血のことがあります。

閉経後の不正出血で子宮から出血がある場合に疑うべき病気はたくさんあります。

接触出血と呼ばれる不正出血

  • 子宮膣部びらん

子宮頸部の一部が外にはみ出てしまう病気です。ただれているように見えるのが特徴で、下着などにこすれて出血することがあります。

  • 子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは良性の腫瘍ですが、大きくなると不正出血の原因になります。

悪性腫瘍(がん)が疑われる不正出血

  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 膣がん
  • 外陰がん

これらの「がん」のうち、特に子宮体がん、外陰がん、膣がんは「閉経後」の女性が発症する確率が高い疾患です。少量の不正出血でも、起こった時は必ず病院にいきましょう。

閉経後の不正出血は婦人科へ

不正出血,婦人科

更年期に入ってから閉経前までは、不正出血が起こることも「更年期の特徴」の一つでした。しかし、閉経を迎えた後では不正出血の意味がガラっと変わってしまいます。

閉経後の不正出血のほとんどは「病気のサイン」と考えた方がいいでしょう。

婦人科では何を伝えればいい?

閉経後の不正出血では、婦人科受診が必要です。適切な治療と判断をしてもらうためにも、受診する時にどんなことを伝えればいいのかまとめておきましょう。

  1. 最終月経日
  2. 閉経してからどのくらいの期間がたっているのか
  3. 不正出血の起こった日
  4. 不正出血の出血量
  5. 不正出血の色
  6. 不正出血に伴う体調の変化の有無(腹痛・腰痛・下腹部痛・吐き気など)
  7. 婦人科系疾患(子宮・卵巣)の既往歴
  8. 血縁者で婦人科系の疾患(特に「がん」)を発症した人の有無

最低でもこの8つは婦人科の先生に伝えられるようにしておきましょう。そのためには、最終月経日などをしっかりと記録しておかなければいけません。

それと同時に、不正出血がどんなものだったかというのも記録しておくことが大切です。

不正出血が起こった日に受診するのがベスト!

閉経後の不正出血は「がん」が強く疑われます。がんは命にかかわる病気です。すぐに治療を始めれば完治する可能性もありますが、時間の経過とともに他の場所にがん細胞が転移してしまうこともあります。

それを避けるためにも、閉経後の不正出血は、出血があったその日にでも婦人科を受診することが大切です。

その日なら状態を把握しやすい

早期発見・早期治療のためにも早い受診が大切ですが、出血している日に受診してほしい理由はもう一つあります。まだ、出血がある状態の時の方が的確に診断がつけやすいためです。

不正出血がおさまってからの受診の場合、どこから出血していたのかが分からないこともあります。ですから、早いうちに受診するのがベストなのです。

最近なら写メをとっておくといいかも

その日の受診がベストでも、その日が休日・祝日で病院が休みということもあります。それに、不正出血が続くかどうかも分かりません。

中には、少量の出血があってすぐにおさまってしまうケースもあります。そんな時は、状況を説明するために「出血の量」や「色」が分かるように携帯で写真にとっておくことをおススメします。

そんなグロテスクなものを…と思ったかもしれませんが、的確な証拠となるものがある方が医師も診断しやすいものです。自分の体のことですから、できるだけ正確な情報を伝える努力をするようにして下さいね。

まとめ

このように、閉経後の不正出血はこれまでの出血とは全く別の意味を持ったものに変化しています。少しでも早く病気を見つけ早期治療を受けることが大切です。閉経後の不正出血は見落とさないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい