更年期の不正出血が長引く・続く原因は?腹痛・下腹部痛・腰痛との関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不正出血は生理不順と同じくらい、更年期ではよく見られる症状です。でも不正出血が長引く・続くと不安になりますよね。その不安はある意味正しいかもしれません。

不正出血が続いていて、かつ腹痛・腰痛・下腹部痛がある時は、更年期としての症状ではなく子宮や卵巣の病気を疑って病院を受診することも大切です。

スポンサーリンク

更年期の不正出血が長引く・続く時どうすればいい?

更年期,不正出血,悩み

更年期に不正出血が起こるのは、正常な変化です。しかし、不正出血が長引く・続くと不安になってしまいますよね。そんな時は、一人で不安を抱え込まずに婦人科を受診して相談するようにしましょう。

更年期に不正出血が続く原因

更年期,不正出血,原因

不正出血にも色々な種類がありますが、更年期に起こる出血は「更年期出血」と呼ばれる不正出血です。更年期に入ってくると不正出血が起こりやすくなるため、このような名称がつけられています。

更年期出血が起こる原因は?

40歳を過ぎたあたりから、月経周期が短くなり不正出血も起こりやすくなってきます。生理の出血と間違えやすいですが無排卵の出血のことが多いようです。その原因として、分泌されるホルモンの低下が考えられます。

・女性ホルモンの低下

卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが減少することで不正出血しやすくなっています。

・性腺刺激ホルモンの低下

性ホルモンは脳下垂体とよばれる部分から分泌されますが更年期に入ると、分泌の命令が発せられなくなり性腺刺激ホルモンと呼ばれるFSH、LHの分泌が低下します。これも更年期の不正出血を引き起こしている原因です。

更年期に腹痛と不正出血がみられる時

更年期,不正出血,腹痛

いくら更年期に不正出血が起こりやすいといっても、注意するべき不正出血があるので、しっかりと自分で知識を持っておくことが大切です。

生理痛の腹痛と区別して!

生理前~生理中にかけて腹痛が起こることはよくあります。

しかし、不正出血と腹痛が起こった時はホルモンバランスが極度に乱れている可能性があります。ストレスを抱え込んでいたり、更年期に食事制限などのダイエットをしたりといった時などに見られます。

更年期は何かと体調を崩しがちでストレスも溜まりやすいですが、上手にストレス発散していきましょう。

下腹部痛と不正出血が更年期に同時に起こった時

更年期,不正出血,下腹部痛

腹痛と下腹部痛は似ているようで少し違います。下腹部痛とは子宮や卵巣あたりに痛みを感じることです。更年期に不正出血とともに下腹部痛が起こった時は次のような病気を疑いましょう。

子宮内膜症

子宮内膜症があると生理痛が酷くなりますが、不正出血時にも下腹部痛を感じることがあります。閉経すると同時に症状は軽減していくと言われていますが、まだ閉経前なら、更年期でも治療が必要なことがあるので婦人科を受診するようにしましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫がある場合も、子宮内膜症と同様に不正出血と同時に下腹部痛を起こすことがあります。こちらも閉経と同時に筋腫は小さくなっていきます。基本的に閉経前であれば治療をすることなく、閉経を待って筋腫が小さくなるのを待つことになります。しかし、子宮筋腫が大きく成長している場合は他の臓器を圧迫して、痛みを引き起こしていることがあるのでその時は治療が必要です。

腰痛と不正出血は更年期と関係がある?

更年期,不正出血,腰痛

加齢に伴って、筋力が弱くなっていくので体を支えきれずに腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。更年期に入ると年齢的にも腰痛が酷くなってもおかしくありません。ですが、年齢のせいばかりではないので、隠れている原因を見落とさないようにしましょう。

子宮系の病気が原因かも!?

子宮筋腫や子宮内膜症がある時も不正出血とともに、腰痛を引き起こします。他の臓器に影響を与えて、腰にまで圧迫して痛みが出ていることも考えられます。

子宮がんの疑いも!

不正出血があり、腰痛や下腹部痛を伴う時は早めに婦人科を受診して下さい。子宮頸がんや子宮体がん、卵巣がんなどの病気も疑われます。

特に、長く続くような不正出血の時は要注意です。自分で判断せずにすみやかに病院に行きましょう。

まとめ

不正出血は本来、起こらないはずの出血です。ですから、いくら更年期に不正出血が起こりやすいといっても出血が起こった時は注意して観察しておいて下さい。

不正出血が続く・長引く場合はもちろんのこと、腹痛・腰痛・下腹部痛を伴っている時は病気の可能性も高くなっています。

病院にいっても「更年期によるものだから心配ないよ」と言われることもありますが、その時はそれで安心できますよね。病気の疑いがある限りは、早いうちの婦人科受診をおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい