更年期の症状で月経不順(生理不順)や月経異常で病気の可能性は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気に過ごしていたのに40代になったとたんに体調が優れなくなる女性は多いものです。

平均的には40代の半ばから50代半ばにかけて起こる更年期の症状の中でも、20代や30代の頃と劇的に変化するのは生理ではないでしょうか。

月経不順がきっかけで更年期だと発覚するケースも多いので、更年期の生理について理解しておけば、焦らず、慌てず、更年期の症状に対応することもできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

更年期の月経不順(生理不順)、月経異常について

更年期,月経不順,生理不順,治療

✔ 更年期の月経不順は問題ない?

⇒ 更年期の月経不順は身体の正常な反応といえます。

✔ 更年期の月経不順で治療は必要ない?

⇒ 更年期の月経不順は自然なことなので、通常は治療の必要はありません。

しかし、更年期の女性に見られる女性特有の病気が原因の可能性もありますので、一度婦人科を受診したほうが安心できます。

更年期と月経不順・月経異常の関係

更年期,月経,異常

女性なら誰もが経験する更年期は、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するので、女性ホルモンによってリズムが作られている生理周期が乱れてしまうのは自然なことです。

ごく初期に起こる症状でもあるので更年期発覚のきっかけにもなります。

ほとんどの女性が月経不順や月経異常を経験して最終的に閉経を迎えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい