40代以上の女性必見!更年期障害の症状の下痢と普通の下痢の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代になるとだんだんと女性ホルモンが減少してくるに従って、色々と更年期障害の症状が現れてきます。

その中でも下痢は、普通の下痢とは全く違う原因で起こりやすく、症状も違います。更年期障害の下痢が続く症状で悩む女性は

スポンサーリンク

更年期女性の下痢の症状

更年期,下痢,症状

更年期の下痢と普通の下痢の違い

更年期障害として起こる下痢の特徴は、朝、明け方にお腹が痛み出したり、痛みが長時間続いたりします。

さらに腹部や腰、ひざなどの冷えを感じ始め、微熱を伴う場合もあります。

更年期障害の下痢の症状で注意すること

女性は更年期になるとホルモンバランスの崩れから消化器官などの機能も低下してきます。

そのため下痢になりやすくなってしまいます。

そのため、胃腸の機能を元に戻すためにも食べ過ぎや飲み過ぎに気を付けてなければなりません。

更年期の下痢が続く?対策は?

下痢,対策,食事

更年期の下痢は、消化機能が低下して起きている場合がほとんどです。

消化機能をアップさせるには、体の中からしっかり温める必要があります。

例えば、食物繊維の多い野菜や穀物などを普段より多めに摂取するように食事のバランスを考えたり、適度な運動をして、腸の蠕動運動を促進させましょう。

特に下痢になるとどうしても消化の良いものをと考えがちになり、固形物や食物繊維を多く含んだもの等をあまり食べなくなります。

そうすると、どうしても固形成分が少なくなり、正常の便の形が作れなくなり、水便になってしまい、下痢は改善できません。

更年期障害である下痢の場合は、出来るだけ普通食を食べて、しっかり便の形が出来るようなものを食べるように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい