更年期の肌は乾燥する?更年期の乾燥肌とかゆみの症状には保湿ケア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の更年期には、体にも変化が現れやすくなってきます。

その原因は卵巣機能の低下です。卵巣の機能が低下しはじめることによって、女性ホルモンのバランスが崩れ、お肌の乾燥やかゆみ症状など、肌質の変化や肌トラブルも増えてきます。

更年期女性の肌トラブルはストレスの原因にも繋がります。

加齢に伴ってますます肌バリアが低下してきますので、自信の持てるお肌をキープするためにも、日ごろからスキンケアをこまめにするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

更年期の肌変化とは?

更年期,乾燥肌

女性ホルモンが減少すると肌質が変化する?

更年期のお肌が変化する理由に女性ホルモンである「エストロゲン」が大きく関係してきます。

このエストロゲンにはお肌の潤いを保つ作用があり、これが減少することで肌が乾燥しやすくなります。

エストロゲンが減少すると肌への影響は?

特に45歳から55歳にかけての更年期の変化は、加齢も関係してくるのですが、新陳代謝の機能も低下するためイライラや睡眠不足と言った症状も出てくるため、どうしても肌に負担がかかり、紫外線から肌を守ってくれる肌バリア機能が低下してきます。

肌の乾燥とバリア機能の低下により、かゆみ、かさつき、かぶれ、ヒリヒリとすると言った肌トラブルも多くなってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい