閉経後の妊娠方法や可能性は?閉経後、早発(早期)閉経後の妊娠確率

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、不妊治療を受けている女性も多くいます。30代、40代で結婚する人も増えてきたのでその影響もあるようです。

しかし、治療を受けていてもなかなか妊娠することができずに閉経を迎えてしまったとしたら?閉経後に妊娠する方法や可能性はどのくらいあるのでしょうか?

また、30代で閉経してしまう早期(早発)閉経後の妊娠確率はどのくらいなのか?ということを説明していきましょう。

スポンサーリンク

閉経後に妊娠したいと思ったら?

閉経後,妊娠したい

閉経を迎えたということは、卵巣の機能が低下し「卵子」が作られなくなるということです。もう排卵は起こらない状態になっています。ですから、閉経後にはいくら妊娠したいと願ったとしても妊娠することはできません。

海外では代理出産という方法も…

日本の法律では認められていませんが、海外では代理出産という方法を用いることがあります。閉経を迎えていないけど、妊娠することができない場合は自分の卵子を使いますが、卵子もない場合は、卵子提供をしてもらって代理妊娠(出産)してもらうのです。

ただ、代理出産をする側にもリスクがありますし、様々なトラブルも報告されています。

閉経後にも妊娠する方法ってある?

閉経後,妊娠する方法

閉経後にどうしても妊娠したいという場合は一つだけ方法があります。それは「卵子提供」です。自分では排卵することができなくなってしまったので、他の人から卵子を提供し、受精させてから、子宮の中に戻すという方法があります。

卵子提供とは?

閉経後は卵子をもう作れませんから、他人の卵子をもらってパートナーの精子と受精させることです。それを自分の子宮の中に着床させて妊娠するということですね。しかし、残念ならが日本では卵子提供は認められていません。

卵子凍結っていう方法は?

不妊治療で行われているもので、卵子凍結というのがあります。排卵した卵子のいくつかを凍結保存しておくのです。

まだ排卵があるうちに自分の卵子を凍結させておけば、受精卵を子宮に戻して上手く着床すれば妊娠することも可能です。

これは、自分の卵子なので卵子提供とは違って、日本では不妊治療の一環として行われています。

閉経後に妊娠する可能性は?

閉経後,妊娠,可能性

閉経後に妊娠する可能性は少なからずあります。それは、自分で閉経になったと思いこんでいた時です。

閉経前は月経不順になりやすいので、生理が数カ月こないということもよくあります。

ずっとなかったのに半年後にまた生理がきた…ということもあるのです。この場合は、まだ閉経したとは言えません。つまり、閉経したと思っているだけの場合は「妊娠」する可能性はあります。

閉経後の妊娠確率はどのくらい?

閉経後,妊娠確率

確実に閉経を迎えているのであれば、妊娠確率はゼロです。一方、閉経していたと思いこんでいた場合は妊娠の確率はゼロではありません。

しかし、40代後半~50代で妊娠を希望する人はほとんど不妊治療を受けています。つまり、更年期に入ってからの自然妊娠率は非常に低いということです。

自然妊娠の世界最高年齢はなんと65歳!

世界には色々な人がいますが、なんと65歳で自然妊娠した女性もいるようです。超高齢出産ですから、妊娠中・出産・子育てと大変だったでしょうね。

実は日本でも超高齢衆参をした人がいると言われています。その年齢は60歳。閉経を迎えていない限りは、年齢に問わず妊娠する可能性はゼロではないということですね。

早期(早発)閉経後の妊娠確率は?

早期閉経,早発閉経,妊娠確率

早期(早発)閉経というのは、20代、30代のうちに閉経を迎えてしまうことです。

月経不順などによって、生理がこなくなってしまったのではなく、通常の閉経と同じように卵巣の機能が低下して排卵が起こらなくなってしまいます。ですから、治療をしないままだと早期(早発)閉経の妊娠確率はゼロということです。

治療すれば妊娠できる?

早期(早発)閉経になってしまうと、20代、30代であっても更年期障害が出てしまうので、治療の対象となっています。

治療方法としては、ホルモン療法が多いようです。女性ホルモンを補うことによって、排卵を促します。

しかし、卵巣の機能が停止しているので治療というよりも、更年期症状の緩和という目的の方が合っているかもしれません。全て自費診療となるので、かなりの出費を伴います。

早めの治療なら卵子が残っている可能性も

早期(早発)閉経の治療を早めに始めた場合は、まだ卵巣の中に卵子が残っていることもあります。その場合は採卵して体外受精をすれば妊娠する可能性もあります。

基本的に、閉経後に妊娠することはないといっていいでしょう。どうしても妊娠したいというのであれば、若いうちに卵子を凍結しておくといいかもしれません。

しかし、更年期に入ってからの妊娠・出産というのは母体・赤ちゃん共に大きなリスクを伴います。

  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 腎機能低下
  • 心血管疾患

を発症しやすいと言われています。早期(早発)閉経になってしまった女性を除いては、閉経後の妊娠は、残念ながら期待できないと考えておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい