更年期の閉経後の症状や出血とは?閉経後も更年期障害の症状は続く?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の症状は閉経で完全に終わると思っている女性も多いようですが、閉経後は更年期障害の症状に悩まなくてすむとは言い切れません。

そもそも更年期とは閉経をはさんだ前後10年ですので、閉経後も更年期は続き、更年期障害の症状がでてくる可能性は十分あるのです。

実際に閉経後も減少した女性ホルモンの影響を受けて、身体がそれに対応できるようになるまで更年期障害の症状が続く女性もいます。

当然個人差はあるので、更年期障害の症状が継続して出る人とそうでない人がいます。

では、閉経後の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、閉経後の出血は注意が必要です。

なぜなら生理ではなく不正出血であり、子宮の病気の可能性が疑われます。合わせてみていきましょう。

スポンサーリンク

閉経後の更年期症状とは

閉経後,更年期,症状

✔ 更年期障害の症状は閉経するとなくなりますか?

⇒ 閉経すると生理不順などの閉経前の症状はなくなりますが、閉経から老年期にかけても女性ホルモンは減少していくので不調が続くと考えられています。

✔ 閉経後の症状には何がありますか?

⇒ 閉経後は閉経前の症状と同じ症状も起こりますが、それまで無縁だった骨粗しょう症や動脈硬化などの病気にもかかりやすくなります。

更年期や閉経前後は体の不調の対策やケアが重要です。

閉経後の症状と更年期障害の症状

閉経後,更年期障害,症状

閉経後は、閉経前と同じく、イライラしたり、ホットフラッシュ、手足の冷え、多汗、動悸、息切れなどの症状が起こりやすくなっています。

またこの症状は概ね60歳頃までには治っていくことが多いようですが、中には閉経自体が遅い方もいるので、その場合は60代でも症状が続くことがあります。

とくに現代社会では、60代でも家族や社会、老老介護問題など、強いストレスを受けている方も多いので症状がなかなか改善されない人もいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい