閉経後の出血の原因は生理?少量、鮮血、腹痛・下腹部痛どれが危険?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閉経後には不正出血が起こりやすく多くの女性が経験しています。中には生理と思ってしまう人もいるかもしれませんが、閉経後の出血には意味があるので注意しておきましょう。

少量の出血、鮮血の出血、腹痛・下腹部痛を伴う出血…。病気のサインである危険な出血もあるので、すぐに対処できるようにしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

閉経後にみられる出血の原因

閉経後,出血,原因

閉経後の出血は、不正出血といい生理の出血とは違うので、子宮や膣、卵巣などが傷ついて出血している可能性が考えられます。一体どのようなことが閉経後の出血の原因となっているのでしょうか?

子宮がん

閉経後の出血で怖いのは、子宮がんの可能性があるということです。更年期に入ってから、毎年婦人科検診を受けているという女性の割合は非常に少なくなっています。

また、子宮がんは高齢になればなるほど発症率が高くなっている病気の一つです。万が一のことを考えて、すぐに婦人科受診をするのが一番いい方法です。

老人性膣炎

閉経後はおりものも少なくなるので、細菌が繁殖しやすい状態です。これに加えて、風邪や体調を崩してしまうと、一気に増殖し「老人性膣炎」になり、出血することがあります。

不正出血が起こった前後に体調を崩していた場合は、膣炎が原因の出血である可能性もあるので、早めに治療を受けるようにしましょう。

閉経後に生理のような出血がでたら?

閉経後,出血,生理

閉経後の出血はほとんどが不正出血ですが、これを「閉経後の生理」と呼ぶこともあります。しかし、通常の生理とは全く違う出血であるということをしっかりと認識しておいて下さい。

子宮体がんの特徴にあてはまる

閉経後は女性ホルモンの分泌が低下しますが、そのうちのプロゲステロンには「発がん」のリスクを低くする作用がありました。この分泌が減ってしまうので、更年期以降に子宮体がんのリスクは高まるというわけです。

子宮体がんでみられる症状の特徴として、不正出血と、下腹部痛があります。子宮体がんは命にかかわるものですので、少しでも似たような症状が出ている人は早いうちに病院を受診するようにして下さい。

閉経後の腹痛・下腹部痛によって出血がある場合

閉経後,出血,腹痛,下腹部痛

閉経後に腹痛・下腹部痛を伴う出血がある場合は注意が必要です。ただ単に、腹痛だけの場合は便秘や胃腸機能低下によることが考えられますが、出血がある場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

少量の出血が閉経後に出たら?

閉経後,出血,少量

閉経期には不正出血は起こりやすいですが、閉経後の出血は少量でも見逃せません。多くの病気の可能性があります。

閉経後の出血で考えられる病気は?

  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 膣がん
  • 外陰がん

閉経後の出血は少量であっても、このように「がん」の可能性が少なからずあります。可能性がある限り、放っておいてはいけません。少量の出血であったとしても、婦人科を受診するようにして下さい。

鮮血の出血が閉経後に出た場合

閉経後,出血,鮮血

鮮血というのは、真っ赤な血ということです。生理の出血も少し黒味を帯びているので、鮮血というのは全く違う出血ということが分かるはずです。出血が鮮血の場合は、どこかに炎症があるなど、近い時期に出血をしたということが考えられます。

子宮ポリープができている可能性も

閉経後の不正出血には多くの病気が裏に隠されているといっても過言ではありません。不正出血が鮮血の場合は子宮ポリープなどが考えられます。ほとんどが良性ですが、悪性で子宮がんになることもあります。早いうちに婦人科を受診するようにしましょう。

閉経後の出血は病気のサイン?

このように、閉経後の出血というのは何らかの病気のサインです。少量、多量、鮮血などに関わらず、一度出血が起きたのであればすぐにでも婦人科にいって相談することをおススメします。

特に、出血の原因が「がん」だった場合、「あの時すぐに受診していれば…」という後悔をすることにもなりかねません。

閉経前は不正出血が起こりやすく、いつ生理や不正出血が起こっても不思議ではない状態でした。

しかし、閉経期を超えて閉経を迎えた後は、不正出血は全く別の意味を持ってしまいます。その違いをしっかりと覚えて、閉経後に不正出血がでた場合は体からのSOSであるということを頭に入れておいて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい