閉経前の女性必見!閉経前のHRT(ホルモン補充療法)のステップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閉経前から更年期の症状が出始める女性の方は多いと言われています。

女性の更年期は一般的に閉経前後の45歳くらいから始まる人が多いと言われており、閉経は50歳前後で訪れます。

この閉経が訪れることにより、女性ホルモンが大きく減少していくことになります。

女性は閉経が訪れ、女性ホルモンが減少したことにより起こる更年期障害の治療法のひとつとして、HRTの治療法がよく用いられます。

スポンサーリンク

更年期の閉経前のHRT(ホルモン補充療法)について

閉経前の更年期の症状にもHRTを受けることができるのでしょうか?

女性の更年期の症状は、女性ホルモンが減少したことにより起こるので、閉経前でもHRTの治療法は行うことが出来ます。

閉経前のHRTは、女性ホルモンの数値を検査して、数値が下がってるようなら治療が行われます。

閉経前のHRTのステップは、閉経後と違うの?

閉経前と閉経後のHRTの手順は、少し異なります。

治療法にはさほど違いはありませんが、閉経前のHRTの治療法は、まずは短期間の治療から始め様子見ます。

治療の方法は様々ですが、3か月間程度にしぼって、女性ホルモンであるエストロゲンのみを投与する方法もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい