閉経前症状とは?閉経前のおりもの・出血と腰痛・腹痛・下腹部痛症状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら閉経が近くなる年齢になってくると「いつ閉経になるのか?」気になりますよね。そんな閉経の兆候を見抜く方法として、出血やおりものの変化があります。さらに、腰痛、腹痛、下腹部痛も閉経前の症状の一つということを知っていましたか?更年期女性は特に要チェックです。

スポンサーリンク

閉経前の症状「出血」の変化

閉経前,症状,出血

閉経前ということは更年期に入っている時期のはずです。この時期は不正出血が起こりやすいのでしっかりと対処法などを頭に入れておきましょう。

更年期の不正出血って?

不正出血と聞くと何だか子宮や卵巣の病気というのをイメージしてしまいますよね。しかし、閉経前の症状として不正出血しやすいという特徴があります。それをしっかりと把握しておいて、不正出血した時もあわてずにしっかり対処することがポイントです。

  • 初めての不正出血!どうする?

今まで一回も不正出血したことがなかったのに、更年期に入りいきなり不正出血した!という女性も少なくありません。閉経前の不正出血は病気ではなくホルモンバランスが乱れていることが原因です。そんな時は焦らずに、生理用ナプキンで対処しましょう。

  • 万が一の時に備えてナプキンを所持

不正出血はいつ起こるか分かりません。しかし、閉経前には起こりやすいのも事実です。外出中にすぐに対処できるように、常に1~2個のナプキンを持っていると安心ですよ。

閉経前の症状「おりもの」の変化

閉経前,症状,おりもの

閉経前になるとおりものは少なくなってきます。症状として、これは正常な変化です。おりものは妊娠するために、卵子と精子が出会いやすく助けてくれる役割があります。ですから、閉経前におりものが少なくなってくるのは普通のことなのです。

  • おりものが少なくなったら膣炎に注意!

もうひとつ、おりものの重要や役割として膣の浄化作用があります。外から細菌が入ってこないようにしているのです。閉経前はおりものの減少によって、浄化作用が弱まってくるので、膣炎を起こしやすいと言われています。常に清潔に保ち、おりものなどに異常な変化や症状の変化が見られた時はすみやかに婦人科を受診しましょう。

腹痛の症状は閉経前に起こりやすい?

閉経前,症状,腹痛

生理痛などでも腹痛に悩まされたのに、閉経前にも腹痛が起こるの?と女性にとっては、腹痛は常に悩まされる問題です。閉経前の腹痛はなぜ起きてしまうのでしょうか?

女性ホルモンの乱れが関係

生理痛による腹痛は月経血を排出するために、子宮が収縮することによる痛みが原因です。一方、閉経前の腹痛というのは、子宮の収縮ではなく女性ホルモンが影響しています。自律神経が乱れることによって腹痛が起こるのです。よく、緊張するとお腹が痛くなるってことがありますよね?それと同じような症状です。

子宮の萎縮による腹痛

他にも、子宮の収縮によって起こる痛みもあります。この場合の収縮というのは、若い頃の収縮とは違い、子宮自体が小さくなっていくものです。いわゆる「萎縮」と呼ばれるものです。その結果、腹痛が続くということが起こります。

下腹部痛は閉経前の症状として出る?

閉経前,症状,下腹部痛

下腹部痛も更年期障害の一つと言われています。これは、卵巣の機能が低下することが原因と言われています。

下腹部痛が続く時は要注意

ただ、下腹部というのは子宮や卵巣がある場所です。ここの痛みがずっと続くということは何らかの病気を発症している可能性があります。

一般的に子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンが影響しているので、閉経後には自然治癒すると言われていますが子宮の病気はそれだけではありません。子宮がんや卵巣がんということも考えられるので、痛みが続いている場合は婦人科で検査をしてもらいましょう。早期発見・早期治療することが重要です。

腰痛の症状は閉経前に起こりやすい?

閉経前,症状,腰痛

年齢を重ねると体のあちこちが痛みやすくなってきます。加齢に伴う腰痛もありますが、閉経と腰痛も実は深い関係にあるのです。

腰痛は骨粗鬆症のサイン!?

閉経前になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなりますが、それによってカルシウムの吸収率も低くなります。その結果、骨がもろくなり骨粗鬆症になってしまうのです。骨が弱くなると体を支えることができなくなるので、腰痛になってしまう…ということです。

毎日できる簡単なエクササイズがおススメ

他にも、筋肉が衰えてくるのも腰痛を引き起こしている原因です。まだ40代、50代は高齢と呼ぶにはふさわしくないかもしれませんが、その後の60代、70代を元気に過ごすには今のうちから、筋肉を衰えさせない工夫が必要です。そのために、1日5分でいいので軽いストレッチなどを習慣に取り入れておくといいですよ。

腰まわし運動は腰痛改善にも◎

特に、腰まわし運動は腰痛改善にもなります。それに、どこでも簡単にできる運動の一つです。朝起きた時、お風呂上がり、寝る前など自分の取り入れやすい時間に1日数回するだけで腰痛の緩和だけではなく、筋肉の衰え防止にもなるのでおススメです。

このように、閉経前は女性の体の機能がどんどん変化していく時期です。それに伴って様々な症状も出てきます。事前に閉経前にはどんな症状が表れるのかを知っておけば、スムーズに対処することができます。閉経が近くなった40代後半の女性は知っておくといいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい