• 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
女性の冷え性の原因は?冷え性は改善できる?冷え性改善ポイント5つ

「手足が冷えて眠れない」「すぐに体調を崩す」このような、冷え性特有の体の不調に悩む人は少なくありません。特に気温の下がる冬は辛いですよね。

この状態を改善するには、まず冷え性になってしまった原因を正しく知ることが大切です。その上で、適切な対処法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

冷え性の主な原因

女性,冷え性,原因

冷え性は、血行が悪くなることによって起こります。体の中から冷えてしまうわけですから、寒いところに行って一時的に「体が冷たい」と感じることとは違い、気温が高い夏でも冷えを感じてしまうのです。主に次のようなことがきっかけとなるので、自分に当てはまるものはないかチェックしてみてください。

1:ストレス

適度なストレスは気持ちにハリを持たせることに役立ちますが、あまり強いストレスを日常的に受け続けていると自律神経が影響を受けて乱れ始めます。自律神経には血管の収縮や緊張をコントロールして体温を一定に保つ役目があるので、この働きがうまくいかないと冷えやすくなるのです。

ストレスを解消するには、できればその原因となっていることから離れるのが一番。しかし、それが職場の人間関係や身内の問題となると、環境を変えるといっても限界がありますよね。

そのような時は、熱中できそうな趣味を見つけたり、友人と食事に出かけたりするなど、気持ちの晴れることをしてみてください。「ちょっと辛くなってきたな」という段階で早めに発散しておくと、自律神経にも影響が出にくくなりますよ。

2:食生活の乱れ

私たち人間の体は、食べ物に含まれる糖質からエネルギーを作り出し、体温を維持しています。また、糖質をエネルギーに変換させるには、亜鉛やマグネシウムなどのビタミン・ミネラルが必要なので、食生活が乱れているとこの働きがうまくいきません。

仕事や家事、子育てなどで忙しいと、家族の食事の世話だけして自分のことは後回し……となってしまうことも多いですよね。

特に、朝食や昼食は簡単なものになってしまいがちだと思います。無理に手の込んだものを作る必要はないので、できるだけ肉・魚・野菜をバランスよく取るようにしましょう。休日におかずを作り置きしておけば、平日はそれを解凍するだけで食べられますよ。

3:体を締め付ける下着や洋服

ぴったりとした下着や洋服で体を締め付けていると、血流が妨げられて体温が上がりにくくなります。30歳を過ぎると徐々に体の線が崩れ始めるので、ガードルなどの補正下着を身につける人も多いですが、こうした下着はどうしても肌に食い込むので、毎日つけていると悪影響が現れるのです。ストレッチ素材の洋服も流行していますが、あまり締め付けのきついものは避けるようにしましょう。

ただし、オーダーメイドで作った補正下着の場合は別です。きちんとサイズを測って作り、その後のメンテナンスをしっかりしているものであれば、姿勢が正されることでかえって血行が良くなります。ストレッチ素材の洋服を選ぶ時も、できるだけ試着して「気持ちいい」と感じるものを購入してくださいね。

4:運動不足

近頃ではスポーツクラブに通って体を動かす人が増えていますが、これにはダイエットやストレス発散という本来の目的だけでなく、冷え性が改善されるといううれしいおまけもついてきます。

なぜなら、運動をすると毛細血管が刺激を受けて枝分かれし、どんどん増えていくからです。毛細血管は血液を運ぶ役割を果たしているので、その数が多ければ多いほど、体の隅々まで効率的に温めることができるのですね。

とはいえ、人によってはなかなか運動する時間をとれないこともあります。そのような時は、通勤の手段を車から徒歩や自転車に変えてみる、自宅でテレビを見ながらエアロバイクを漕ぐなどの「ながら運動」をしてみましょう。

最初はきついと感じるかもしれませんが、慣れれば生活の一部として自然にできるようになりますよ。

5:ホルモンバランスの乱れ

女性の体は「女性ホルモン」によってコントロールされていますが、これは年齢とともに分泌量が減り、また、ストレスなどによって乱れやすいという特徴を持っています。女性ホルモンは先に挙げた自律神経と似た場所にあるので影響を与えやすく、やはり冷え性につながってしまうのです。

女性ホルモンを安定させるためには、規則正しい生活を送り、ストレスをためないようにすることが大切です。また、大豆に含まれる「イソフラボン」など、女性ホルモンに似た働きをする食品を取ることも効果的。

ピンク色を目にすると分泌量が増えるという説もあるので、カーテンやベッドカバーなどをピンク色に変えるのもおすすめですよ。

冷え性改善は“温める”よりも“生活習慣の見直し”が重要!

女性,冷え性,改善,方法

冷え性を生み出すきっかけについて、いかがでしたか? どれも現代女性には身近なことばかりなので、誰もが冷え性になってしまう可能性を抱えているということですね。

冷え性はすべての不調の原因になる恐ろしいもので、体の異変や不妊を引き起こす可能性もあります。できることからで良いので、少しずつ冷えない生活にシフトしていきましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
女性の悩みの関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • 女性の疑問
    乳首のお手入れどうしてる?正しいケアで大切な乳首を守りましょう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 女性の疑問
    乳首も保湿が大事・・簡単にできる保湿方法や乳首のケアとは?
  • 巷の噂はあくまでも噂である!乳首にオロナインを塗るとどうなるの?
  • 女性の疑問
    様々な胸の症状・・「かゆい」「痛い」など、そんな時に効く塗り薬
おすすめの記事