一重から二重になる事もある!?整形しなくても50代でも二重に変化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の多くは一重より二重のほうがいいと言われます。

では、若い頃は何も変化がなかったのに50代になって初めて一重から二重になったという方が少なからずいます。

整形をしたのではないかと疑ってしまう人もいるかもしれませんが、何もしていないのにそうなる事があるのです。

また、片側だけが二重になってしまうケースもたまにあります。

どういった原因でこのような現象が起きているのでしょうか。

整形せずに二重になれるならいいのでは?と思う人もいるでしょうが、まずは一重から二重になるロジックを知っておきましょう。

スポンサーリンク

まぶたが開く仕組みを知ろう

一重から二重になってしまう原因を知るためには、まずまぶたの開く仕組みを知る必要があります。

眼瞼挙筋という筋肉を使って、まぶたを開けたり、閉じたりしているのですが、開ける時に皮膚も一緒に持ち上げているのです。

この時に皮膚をそのまま持ち上げるのか、折り畳んで持ち上げるのかによって、変わってくるのです。

一重から二重になる原因は何か

まぶたを開くためには眼瞼挙筋の力が必要ですが、一重の人は皮膚が厚いと言われていて、まぶたを開けた時に折り畳む事ができずにそうなってしまうと言われています。

それが何故、二重に変形するかと言いますと、年齢の部分が大きく関わっていて、50代頃になると肌のハリが衰えてきて、ゆるんできますので、整形をしなくても変化してしまうのです。

ですから、肌の衰えを表している現象と言えます。

50代以外の若い人でもなる時もある

肌の衰えが主な原因となるのですが、まだ若い人でも、この現象が起こる事があります。

その理由は目の酷使ではないでしょうか。

パソコンやスマホ等の使いすぎによって、目が疲れてしまい、肌が衰えた時と同じ状態になってしまいます。

それ以外にも寝不足の時も同じようになりますので、睡眠を取って、目の疲れを癒してあげる必要があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい