ほうれい線ができる原因や理由は?ケアやマッサージでほうれい線改善!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は誰もがお顔のシワ、シミ、たるみ、ほうれい線、肌の老化などを気にします。

その悩みのひとつの「ほうれい線」。

ほうれい線は顔にでき、深いだけで年齢以上に年老いて見え、メイクでも隠しにくい部位なので、どうしたら良いのかと悩む方が多いです。

ほうれい線の原因もさまざまで、それに合わせた対処法やマッサージで改善できますので、諦めずにお顔のケアする事が大事です。

ほうれい線を改善するだけで、見た目年齢は若くなるので、ケアをしない手はありません。

スポンサーリンク

ほうれい線ができる原因や理由

直接的な理由は年齢を重ねると肌の水分量が低下して、たるみができ、ハリが低下していきます。

またリンパの流れや血流が悪くなるのは顔のたるみに関係しており、コラーゲン不足や乾燥による原因もあります。

頬の筋力が低下する事で顔の脂肪を支えられなくなり、脂肪が落ちてきて、さらに目立ってしまう事もあります。

意外な事が原因になっている事も

ほうれい線は肌のケアをしっかりしていないからと思うかもしれませんが、片側だけでご飯を噛んで食べたり、横向きに寝たり、頬づえをしたりすれば、圧力が掛かり、たるみが出来てしまうのです。

その他にも髪型をポニーテールにする等して、常に引っ張られる形になるのもいけないのです。

日々の癖や重力も関係している事を理解しておきましょう。

ほうれい線を作らないためにも生活の改善が必要

たるみができる原因は肌の質や年齢だけではなく、生活の仕方にもよるので、これらを改善させる必要があります。

例えば、猫背の人は前屈みでたるみが発生しやすく、首こりや肩こりがひどい人や目が疲れている人はストレスで頭皮が固くなります。

睡眠時間の確保と先ほどの寝癖や癖も改善させる必要があり、マッサージと共に大切な事になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい